1. トップ
  2. よくある相談 Q&A
  3. 京都市の制度を調べる
  4. バリアフリーリフォーム工事への補助制度はありますか

バリアフリーリフォーム工事への補助制度はありますか

Q. 高齢の両親と古い木造住宅に住んでいますが,段差が多く,何かと不便です。バリアフリーにリフォームしたいのですが,補助金の支給などの支援制度はありますか。

A. 補助金制度はありませんが,要件を満たせば,介護保険から住宅改修費の一部が支給されます。支給の要件は,以下のとおりです。
① 要支援1,2又は要介護1~5の認定を受けた方が
② 自宅において自立した日常生活を営むためや,介護者の負担を軽くするために
③ 住宅改修費の支給対象となる,段差の解消や手すりの取付けなど)を行う場合

支給対象となる工事は以下の6種類です。
① 手すりの取付け
② 段差の解消
③ 滑り止め防止や円滑に通行するためなどの床面または通路面の材料の変更
④ 引き戸などへの扉の取替え
⑤ 洋式便器などへの便器の取替え
⑥ その他上記の工事に従って必要な工事

工事を始める前に申請が必要です。かならず事前に担当のケアマネージャー又はお住まいの学区担当の高齢サポート(地域包括支援センター)にご相談いただくか,お住まいの区の区役所・支所の健康長寿課高齢介護保険担当にお問い合わせください。
要件を満たさない場合でも,要支援又は要介護状態となる恐れのある65歳以上の高齢者を対象に,生活機能の維持向上や転倒防止のための住宅改修費用の一部を助成する制度がありますので,お住まいの区の高齢サポートにお問い合わせください。

こちらもあわせてご覧ください
基礎知識 すまいのバリアフリー化を支援する制度
https://miyakoanshinsumai.com/kisochishiki/?act=detail&id=239&category=1

登録者 京安心すまいセンター
最終更新日 2019-08-26 13:28:50